豊後料理とは

ここから本文です。

豊後料理とは

『豊後料理』とは、大分市と周辺の7市町(別府市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市、日出町)からなる大分都市広域圏に根付く食文化をひもとき、食材を活かして考案する創作料理です。
大分の恵みと伝統と料理人の創造力が融合し、新しいおもてなし料理が生まれます。

豊後料理プロジェクト

大分の素晴らしい「食材」と、複雑な地形や自然条件・歴史的背景などにより育まれた多様な「食文化」。
この2つをいかした「新たなおもてなし料理」を創り出すプロジェクトが、この「豊後料理」です。
今後、国民文化祭や国際的なスポーツ大会も開催され、県内外から大分へ訪れるであろう多くの人たちへ、新しく料理でおもてなしをしようという趣旨でスタートしました。

豊後料理の定義

1
メニューに大分産の食材を使用していること。
2
大分に伝わる郷土料理をアレンジしたメニューまたは、大分の自然や歴史などを意識したメニューが入っていること。
3
食材の産地を記載したお品書きが添えられている、または、料理提供時に食材の産地や料理の背景、料理人のこだわり等について説明が行われること。
※大分とは:大分都市広域圏8自治体( 大分市、別府市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市、日出町)のこと※食材については状況に応じて大分県産となることもあります。

このような定義に基づき、料理人の自由な発想によりうまれた「豊後料理」で、今後大分を訪れる県内外からのお客様をおもてなしします。